カテゴリー一覧

営業カレンダー

 

INTERVIEW #04

SHIRAS

SHIRAS

TITLE:FORTNITE

CAREER:15

TEAM:GREEN LEAVES

ジャンルを問わず数え切れないほどのゲームを経験したゲームマニア。2018年からは日本のゲームコミュニティの発展に寄与し続けているプロゲーミングチームGreen Leavesに設立されたFORTNITE部門に所属。チームのサブ司令塔兼ムードメーカー。

プレイヤー名の由来は?

Shiras:

適当にいろんな名前を使っていたのですが、その中で一番有名になった“しらすパン”が始まりです。しらすパンは江の島にあるパンなのですが、サクサクもちもちの食感が大好きで、そこから取りました。“しらすパン”という名前が少し長すぎると思ったので“Shiras”にしました。

最初にやったeスポーツ、
FPSタイトルは?

Shiras:

高校2年生のときに、Counter Strike Online(CSオンライン)を友達に誘われて始めました。1年ぐらい大会にも出場していてそれなりに勝っていました。優勝はできませんでしたが、負けず嫌いなので真剣に頑張ってました。やるからには競技シーンでガッツリやるのが好きです。その後LOL(League Of Legends)をやり始め、あと一回勝てばLeague of Legends Japan League(LJL)に参入というところまではいきましたが最終的にボコボコに負けてしまいました(笑)その後、Overwatch、FORTNITEという流れです。


フォートナイトの話を

Shiras:

コロコロコミックをはじめとしたエンタメでFORTNITEが知れ渡って、ゲームをやってなかったいとこから連絡が来たりして(笑)。AICHI IMPACT! 2019(国内外のトップ選手が集まるeスポーツの祭典)の前あたりから、シーンがでかくなったのを感じました。

普段、どういう練習を
されているのですか?

Shiras:

練習をするときは、スクリム(プロだけで行う練習試合)で練習し、動画を見て研究をします。実戦練習のほうが多いですね。PCの前に座っている時間は長いですね。時間は決めていません。時間を決めると、時間のことを考えて有効な練習にならないケースが想定されるので、8〜10時間プレイをするときもあれば、4時間ぐらいのときもあります。4時間しかやらないときは、大会の動画を見ています。国によっては、特にEUやUSは、チームにアナリストやコーチがいて、思いがけない動きをするので、動画を見て研究し、チーム内で共有します。あと、見るのが単純に好きです(笑)
大会の日は、合計すると6時間プレイするので、大会1時間前ぐらいに起きてアップして大会に臨みます。なるべく疲れないように。3時間プレイをして、1時間休息があるのですが、実際は40分ぐらいしか時間がとれないのでアップしてから仮眠をとります。寝るとリセットができるので睡眠は大事です。


6時間の大会はハードですね。

Shiras:

今は慣れましたけど、最初のころはきつかったです。6時間プレイした後は、「もう無理。しゃべれない。」って皆言っていました。明日があるから休憩しようぜって(笑)。今は、休憩の仕方や大会前にやりすぎないようにするなど、コンディションを整える方法を模索しました。試合が終わったら反省会もやります。最初のころは本当に地獄でした。

チームについて。

Shiras:

元々、他のチームでFORTNITEの4人でスクワッドのチームをつくり、チームを移籍するタイミングで、移るのであれば4人一緒で、という条件で移籍先を探しました。その時Green Leavesが声を掛けてくれて、ほぼ即決でした。所属して1年ぐらいです。Green Leavesは、元々Overwatchのチームがあり、僕もOverwatchを真面目にやっていたので、声を掛けてくれたっていうのもあると思います。


他の選手のことを聞かせてください。

Shiras:

“bykn”さんは、冷静な司令塔です。ゲーム内で周りを引っ張っていて、皆が信頼しています。安定感がすごい、THE司令塔です。“Nizzy”さんと“GULICK”さんは、お互いがお互いをよくわかっていて、アタッカーのような存在です。周りからすると、落ち着いた感じだと思うのですが、僕らすると、二人はうるさいです(笑)。けっこう、感情的でアグレッシブなプレイヤーです。僕もうるさいのですが(笑)。みんな、ゲームに関して、真摯に取り組んでいます。“bykn”さんが司令塔、僕がサブの司令塔として、俯瞰的に見ている感じです。4人でプレイして、どんぴしゃであって、相性もよくって、俺ら強くない? って思ったので、ずっと続けています。一人が、合うなって思ったら、皆が合うなって思っていたと、そういう感じです。


ライバルは?

Shiras:

チームのメンバー全員です。モチベーションを保つのはチームです。チームメンバー以外と組んでいる時、誰に負けたくないかって思ったら、頭に浮かぶのはチームメンバーです。今も、ライバルはチームメンバーです。負けたら悔しいですし、勝ったらざまぁみろと思います(笑)。

PLAIDeを使っての
感想を聞かせてください。

Shiras:

まず一番思うのは、眼精疲労がなくなりました。長時間掛けていてもストレスがないです。普通に眼鏡としてもオシャレですし、普段も掛けています。


フォートナイトは、画面が色鮮やかだと思いますが、掛けていて画面に違和感はありませんか?

Shiras:

まったく、違和感もストレスもないです。プレイ中にストレスがあったら、掛けてないです。目はよくて、20年以上一度も眼鏡を掛けたことはなかったです。ただ、眼精疲労がすごかったので、他のゲーミンググラスを試してみました。でも掛けている時とそうでない時の見え方が違うので、画面の設定をいじっていたりしたのですが、それがストレスで使わなくなっていました。PLAIDeは、まったくそういうことがないです。ワールドカップのときから眼精疲労がひどかったのですが、PLAIDeを使ってから、それがなくなったのでとても助かっています。ゲーミングデバイスは機能重視、使い勝手重視です。PLAIDeのデサインは、とても気に入ってます(笑)。

直近の目標は?

Shiras:

FORTNITEは、大会のスケジュールがいつ発表されるかがわからないので、その時に応じて、いいパートナーを見つけて結果を出すのが目標です。22歳は若くはないです。中学生がいっぱいプレイしていますので。競技シーン以外では、コミュニティを盛り上げていきたいです。若い子やデザイナーを集めてシーンを盛り上げていきたいです。皆が社会人としてちゃんとできるよう指導もしていきたいです。コミュニティからでてきたチームなのでコミュニティを盛り上げていきたいです。オフラインイベントもやっていきたいですが、競技シーンをやっていると、なかなか難しいです。競技シーンから抜けたら考えたいですね。動画の編集なども、メインでやっていくことに影響のない範囲でやっていきたいです。今が、競技シーンに影響を及ぼさないギリギリのラインです。

プロを目指すうえで、
大切なことを、これから
プロを目指す子供たちに。

Shiras:

小学生、中学生、高校生ぐらいまでは、コミュニケーションをとる場を大切にしてほしいです。ゲームをしっかりやる前に、人への思いやりをもてるようになって欲しいです。勉強をしっかりやれとは言いませんが、思いやりをもてるようになることがゲームの上達に繋がります。Twitterなどのコミュニケーションでも、思いやりは大事です。そこを理解していなくて、うまくいかなくなってしまうケースはたくさんありますから。あとは、部活ですね。部活やスポーツを頑張っていた人はゲームの上達が早いです。


プロゲーマーは、部活をやっていた人が確かに多いですね。

Shiras:

そうなんですよ。僕らのチームも、僕は野球とテニスをやっていて、“bykn”さんもスポーツをやっていたと思います。日本のプレイヤーは、運動系の部活をやっている人が多いですね。きつい練習をやって、それでも結果がでなくて負けて悲しかったりする体験はとても大切です。僕も小学校から野球をやっていて、中学校で県大会でBEST8までいったのですが、特別延長で負けて、忘れられないです、そういうつらい体験は。部活が終わったら、一生懸命勉強をして、ゲームは勉強に支障をきたさない程度でやって、受験が終わって晴れて高校にいったら、それからゲームをやればいいので。プロゲーマーを目指すなら、部活を頑張れと言いたいです。ゲームだけしろとは言わないです。ゲームのことを忘れて出掛ける日が結構大事だったりするから。


ご両親は、プロゲーマー活動をどう思われていますか?

Shiras:

お母さんは、頑張れと言ってくれています。お父さんも、Overwatchのプロリーグで3カ月台湾に行ったときから、認めてもらえるようになってきたかなと思います。勉強や部活も、親からやりなさいと言われたことはなかったです。勉強も受験のときは12時間ぐらいやっていました。やりたいと思ったことは、一生懸命やってきました。


最後に成し遂げたいことを教えてください。

Shiras:

何も心配されない人間になりたいです。競技シーン以外で自分をもっと出していきたいですが、一人の人間としてちゃんとしていきたいです。一人前の人間になること、そこがスタートラインです。ゲームでこうなりたいとかはありますが、大会で結果を出すのは、プロとして当たり前のことですから。あとは、コミュニティをしっかり育てて、若い子達を引っ張っていきたいです。eスポーツプレイヤーというものをしっかり確立していきたいです。俺らの世代が、道をつくって、次の世代に残していきたいと思います。特にFORTNITEはプレイヤーが若いので、いいこと、悪いことをしっかり教えていきたいです。

Shiras 使用モデル:P-1 col.BLACK

OTHER

PLAYERS